風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
どうにも、ニュース更新を休むとネタがたまってしまいます。
他のBlogさんで毎日のように情報は更新されているのですが、ありがたいことにこのBlogでニュースチェックしてくださっている方もいるので…。
とりあえず、12/1の発表から持ち切りになっている、SAF1の去就問題だけまとめておきます。

しばらくぶりのF1ネタです

別にSAF1承認の件でしょげていたとか
ゲームに熱中しすぎて更新してなかったとか
F1がいやになったとかではなく
どうも、F1ネタを更新したいというモチベーションの波が激しいようです。

元々なんにでも波の激しい性格なので、ひとつのものに対して「ハマって」「冷めて」を繰り返す癖もあります。冷めるといっても飽きるわけではなく、ひとつのものにずっと興味を持っているということに疲れてくるので休憩したくなるんです。

なのでどのネタに関しても連投したりさぼったりですが、自分の中でポイントの高いニュースだけははずさずに続けますので、これからも生暖かい目で見守って下さると幸いです。


また後ほど、休んでいた間のニュースなどまとめてぼちぼち出そうと思います
特にSAF1は動きがありましたからね。

とりあえずメモだけ。

NicoRosberg.com
ニコ君のサイト更新。
白シャツの似合う男ですね。


佐藤琢磨メモリアル卓上カレンダー
卓上カレンダー販売開始

気分が乗ってきたので、今日も記事を上げてみます。
今日はおめでたいニュースとお別れのニュースからいきましょう。

ここ数日でSAF1関連のニュースが多めに出ているので、それを中心に。
今週は、毎年恒例の茂木でのHondaファン感謝イベントがあったため、そこから色々な情報が出ているようですね。

ここのところ動きが少ないので、ネタもため気味です。
一発目はSAF1から。

少し休んでいたのでネタがたまっております
今日もF1に関する気になるニュースを拾い集め。
たまっているので少しだけ古い情報も。

今日も気になるニュース、いってみまーす
今回は琢磨関連が多いかな?
あと、しばらくニコ君関連もピックアップしてみようかと思います。

佐藤琢磨応援日記さんの記事で知りましたが、Super Aguriの発表を受けて、琢磨の公式サイトFun Club BBSに本人が登場したようです。
スレッドを直接表示できないので、引用させていただきます。

[16401] 皆さん、こんばんは!

投稿者:佐藤琢磨
投稿日:2005/11/01 21:26:53

ひっさ~しぶりの書き込みですが、皆さん、今年もたくさんの応援をありがとうございました。
今シーズンは本当に信じられないくらいタフな戦いが続いてしまいましたが、どんなときでも応援してくれた皆さんひとりひとりの気持ちは大きな励みになりました。

さて、皆さんご存じのとおり、本日、鈴木亜久里さんのF1参戦について発表がありました。
純日本製チームとしてのF1参戦は、多くの人の夢であり、その現実に向けた挑戦は本当に楽しみ。
現在、この新鋭チームから正式にオファーを受けており、来期についての交渉を続けています。
きちんと契約が完了した段階でご報告できると思いますので、もうしばらくお待ちください。

さぁ、間もなくTakuma Club Meetingですね。
う~ん、今シーズンはいろいろあったからなぁ。どんな裏話をしようか……(笑)
当日、皆さんと会場でお会いできることを楽しみにしています。

やはり、FIAの承認が下りなかった場合はミッドランド等で過ごすことを考えているのでしょうね。
ですが、琢磨を含め関係者がSuper Aguriに期待していることは間違いなさそうです。

また、今週末に東京・来週末には大阪で開かれるファンクラブイベントでも何か面白い話をしてくれるかもしれません。
イベント参加される方々のBlog更新を楽しみにしております(笑

佐藤琢磨公式サイトはこちら
::: takuma Sato.com :::

さてさて、Super Aguriも重要ですが、そのおかげでスルーされ気味なそれ以外のF1ニュースにも目を向けてみることにします。

すでにF1関係のBlogで話題持ち切りとなっていますので、あえて落ち着いてまとめることにしました。
中国GPでのウィリアムズ、佐藤琢磨、レッドブルの裏話(「F1通信」様より)

僕はBARのスタッフ数人に、なぜ佐藤は今シーズンこんなに成績が悪かったのかを聞いてみた。

共通している意見は、車が彼のスタイルに合っていない、ということだった。簡単に言うと、BAR007はとんでもなくアンダーステアなのである。

シーズンの間に、ジェンソン・バトンは、この本質的なアンダーステアリング特性に対処できるようになったが、車から最高を引き出すためにややオーバーステアに頼るドライビング・スタイルの佐藤は、なかなか対処できなかった。

ほらほら、やっぱりマシンが合わないんだよね。
もっと言って(笑

ラルフがトヨタの新しいマシンを絶賛しているのに対し、トゥルーリは不満げ。
多分Hondaでも同じことが起きているんだろうけれど、「マシンが自分に合っていない」という文句をぜんぜん言わない琢磨は偉いもんだと思う。
でも、チームのためにも自分のためにも少しは言ったほうがいいんじゃないかな?
B.A.R Hondaにいるのでは発言し難いかもしれないが、新チームで「チームと一緒に開発する」意識になってマシンの欠点についても発言し易くなればいいんだけど…と思ったり。

しかし新チームが007を使うというのが現実になったら、来年も琢磨にとっては厳しいシーズンになってしまうのでしょうか。
なんとか彼に合わせたマシンを提供してくれるチームに入って欲しいですが…。


***おまけ***
走ってるところをなかなか見られないマシンだと思うので
ケロたん、家族を乗せて3シーターマシンでラストラン
FIA 2006年グランプリカレンダーを発表
とりあえずメモしておきます。
鈴鹿10/1かよ…。

2006年FIA F1世界選手権シリーズカレンダー

開幕戦  3月12日  バーレーン
第2戦  3月19日  マレーシア
第3戦  4月2日  オーストラリア
第4戦  4月23日  サンマリノ
第5戦  5月7日  ヨーロッパ
第6戦  5月14日  スペイン
第7戦  5月28日  モナコ
第8戦  6月11日  イギリス
第9戦  6月25日  カナダ
第10戦  7月2日  アメリカ
第11戦  7月16日  フランス
第12戦  7月30日  ドイツ
第13戦  8月6日  ハンガリー
第14戦  8月27日  トルコ
第15戦  9月10日  イタリア
第16戦  9月17日  ベルギー
第17戦  10月1日  日本
第18戦  10月8日  中国
最終戦  10月22日  ブラジル*

* 契約承認が条件

おはようございます。
新チームについての発表は、まだ行われていないようですね。

FIA 革新的なリアウィングを発表
技術的なことはあまりわからないので他まかせですが、メモとして。

FIAの目的はクルマの形状をレギュレーションに導入するというもので、それによって後続のクルマはドラッグが少ない状態でさらなるダウンフォースを得ることができるようになるという。

マシン同士が接近すると、前のマシンが邪魔になって後ろのマシンはダウンフォースを失う。
私でもわかる原理です。
これを解消し、オーバーテイクバトルシーンを増やしていくには前のマシンのリアウイングをぶった切ってしまえ。
ということらしいですね。
見た目の評判はいたく悪いようですが…(苦笑
ビートニク様によれば、「それ以外の効能として、ブレーキング競争が多く見られるようになると思うので、レイトブレーキングが得意なドライバーには好評だろう。琢磨もその一人」とのことなので、これが実現して見込み通りの効果があればエキサイティングなレースが増えるかも?
どうやらこのリアウイングは2008年からの採用のようです。できれば2007年からやりたいが、各チームの協力状況次第といった感じでしょうか?

2007年からF1マシンのリア・ウィングがツインになるか!?
こちらの記事も詳しいので参考までに。
しかし、同じF1通信様の中にこのような記事もあり…。
FIA提案のリア・ウィングの弱点
ごもっとも…。


『金曜日第3カー・ルール』も残留へ
サードカーは残るようですね、良かった良かった。
確かにサードカーを作る余裕のないチームにとってはハンデになりますが、鈴鹿での左近くんのように若いドライバーがF1に乗るチャンスだと思うので個人的には存続してほしいです。

2006年、新予選方式とタイヤ交換復活へ
タイヤ交換、復活するとのこと。
うん…素人が見てもタイヤ1セットはメリットが少なすぎると思った。
今シーズンを見ていて、天候が変わりやすいサーキットではタイヤ交換できないと厳しいと感じましたしね。
予選のノックアウト方式はどうなんでしょう?
これは実際に行われてみないと、私には予測できません。複雑なルールなのであとから穴が出てくるんでは、という心配も無きにしも非ず。
でも、今年みたいな「前回の結果が今回に響く」という予選だと微妙だと思っていたので面白そうかな。だって今年のは、ぶつけられてリタイアしただけで次回の予選最下位からですよ。鈴鹿の時のトゥルーリみたいに、「琢磨にペナルティつけたって俺の予選順位がよくなるわけじゃないだろ!」ってなるのもわかりますし。毎回リセットして予選やってほしいですよね。

2007年にはタイヤも変わるようですが、これはリアウイングの変更との兼ね合いなんでしょうか。ともかく、2007年にも大きな動きがありそうなことは確かですね。

ミッドランド 佐藤 琢磨にレースシートをオファー

 「彼がサインしたいかどうかにかかっている。彼は来年、ミッドランドのドライバーになることができる。我々はブラジルにおいて彼にオファーしたが、まだ返答を待っている状態だ」

ミッドランドからはラブコールが出ているみたいですね。
リップサービスにしろ本気にしろ、いい反応であることは確か。

ウィリアムズ、N.ロズベルグ起用決定の報
20歳ですよ!
過去の実績をみても、今後の成長がかなり楽しみなドライバーですよね。たまに見るコメントも謙虚で良い子って感じだし、なによりかわいいです(こらこら
個人的には、彼がF1ドライバーとしてどんな走りを育てて行くのか興味があります。
これでウィリアムズ・ホンダ&琢磨という線は2006年において消えたわけですが、若いドライバーにどんどん乗って欲しいですね。
諸事情により、上海直後に記事書けませんでした。
F1に疲れたとかではありませんので、ご心配なく(笑

まずは、今シーズンお疲れ様でした!
Bloggerさんの中には1シーズン終えて疲れが出た方もたくさんいらっしゃるようですけど、お体はなにより大切になさってくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。