風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
さてさて、続いてオーストラリアGPのまとめを。
フジ、昼間の放送とは知らず、見逃してしまいました。残念…。
見ていないので、あっさりめです。
まずはいつもどおり、予選結果から。
ホンダが優勝へ向け発進! バトンがポールポジションを獲得

Hondaエンジンの速さは凄いですねー。
その後をルノーとマクラーレンが占めているのも凄いですが…。

フェラーリ勢は運がないですね。
ケアレスミスといい、雨といい…。
予選第2ピリオド、マッサ(フェラーリ)クラッシュ

一方、開幕から調子の悪かったTOYOTAではラルフが6番手とまずまずの成績。
しかしトゥルーリはインフルエンザ?
つらいですね…。それでも走るなんて偉いです。
トヨタ オーストラリアGP公式予選ニュース

Hondaは言うまでもなく、バトン絶好調でしたが、バリチェロは他のクルマに引っかかってタイムが出せなかった様子。どうもこの人は調子が出ませんね。
ホンダ オーストラリアGP公式予選ニュース



そして、決勝。
4回もセーフティーカーが出るという大荒れレース。
…つまり、見ているほうはつまらないレースですね。
オーストラリアGP決勝ドライバーズコメント

アロンソは楽勝で優勝。うーん…つまらん(笑
ライコネンはまたもマシン運悪し。まぁバトルが原因の故障もあるようなので、これもレースか。アロンソに勝てなかったとはいえ、2位はおめでたいことだし。
フィジケラは5位。マシントラブルに見舞われたようですが、大荒れの中走りきれて良かったですね。
たなぼた的ではありますが、ラルフが表彰台に上がれたのも良かった。3強以外が表彰台に上るというのはこういう時でないと難しいかもしれませんが、良い事だと思います。
BMWがちゃっかり4位と6位を取っているのも面白いですね。

モントーヤ、ミハエル、マッサと、いつもなら上位に残れる人達がみんなリタイアしているのがとても残念。トゥルーリもなかなか運がついてこなくて、残念ですね。
ウィリアムズも揃ってリタイア。ウェバーはマシントラブルのようですが、ニコ君は完全に巻き添えですね。
Hondaも、バリチェロはマシントラブルを抱えて7位。バトンに至っては最後の最後で派手に火を噴いてしまい、せっかくのポールポジションを無駄にしてしまいました。これはぞっとしましたね…。
琢磨と井出さんが揃って完走できたのが救いでしょうか。琢磨は今回もバトルありでがんばったようですね。なんですか、バリチェロを抑えて走ったんですって?(笑)琢磨さん、貧弱マシンで頑張りすぎですから。
佐藤琢磨「バリチェロにオーバーテイクしてほしかった」

ちなみに、黄旗無視で順位変動がありました。
なので最終順位はこうです。
スピード、黄旗無視で降格、DCへの暴言で罰金も。琢磨も青旗無視でおとがめ
それにしても…結果を見てもやはり、これだけリタイアするレースは面白くないですね!
実力で戦った結果じゃないですから…。

イエローフラッグ無視というのは具体的に、こんなことだったようで。
スコット・スピード、クルサードに「なんだと、引っ込んでろよ!」
若気の至りでもそれはいかんよ。
それにしてもクルサード、500ポイントですか、凄いなぁ…。出走200戦目ももうすぐなんですよね。


バリチェロが、Hondaに移籍してから自身の成績がふるわないことについて語っています。
バリチェロ、ホンダマシンはフェラーリと違いすぎて苦労している
こういったマシンのクセみたいなものはチームによって違うでしょうし、ファーストドライバーのバトンに合わせてきたHondaマシンと長いことフェラーリにいたバリチェロでは合わないのは当然かも。
ドライバーが慣れる努力をすることも当然ですし、チーム側も新しいドライバーに合わせてセッティングを変えていかないとならないでしょうね。
昨年の琢磨はこういう問題で苦労していたのだと思いますが…。バトンと琢磨のドライビングのクセは、素人が見ていても全く逆の特徴があると思いますし。


リタイアしたニコ君のコラム。
ニコ・ロズベルグのコラム:オーストラリアGP
ん~なんていうか…大人ですね。
状況分析も出来ているようなので、それを活かして行ければいいんですが。ウィリアムズは今のところ、2人とも似たような成績なので、今後まだまだわかりませんね。
ちなみに、昨シーズンのバトン騒動から、お金に困るとドライバーを売ってしまうという不名誉なイメージがついてしまったウィリアムズですが、ニコを売る気はないとアピールしてるみたいです。
フランク・ウィリアムズ、ニコ・ロズベルグは売らない
まぁルーキーを抱えていれば移籍騒動に巻き込まれるのは必至ですからね…。


それから今後の動向が気になるのは、井出さんですね。
完走はとっても良かったんですが、どうも周囲からの反応は良くないようで。
ダニエレ・オーデット、サンマリノGPの結果で井出有治の進退を決める
F1経験の無い彼を、ほとんどテスト走行もしていない状態で、琢磨ですら操るのが難しいマシンに乗せておいて、うまく扱えないから切る…というのは非常に不愉快な話ではあります。でも、多少なりともF1経験のあるドライバーを乗せたいのはチームとして当然でもありますね。現に琢磨はあのマシンで戦えているし。難しいマシンだからこそ、経験者のほうがいいということもあるでしょう。
だけどもうちょっと待ってあげて欲しいよなぁ。
だってこれですもん…
井出有治のマシンはメルボルン空港の展示車だった!!
だから走ってるだけでも褒めてあげて!
すっごく偉いと思うよ!
バトンなんか気にするな!


今回のおまけ

アロンソ、今季優勝時は毎回違うパフォーマンスを約束
アロンソさん、何してるんですか…



これはお題?
なにか一言台詞をつけろってこと?(笑


眼鏡っ
サングラスが大流行のF1界で、あえて眼鏡とは(笑
それにしてもお似合いです。

笑顔写真珍しくないですか?
どうでもいいけど帽子かっこいいですね。

あ~だっりぃ~。
って感じですかねぇ。
くねくねストローが妙に可愛いんですけど…グラサンとのギャップが(笑

バトン、会心の笑み
こうしてみると、素直におめでとうって言えます。




美しいところですね。
こんな青空の下を走れたら、さぞ気持ちがいいことでしょう。
実際は大変なんだろうけど…
ドライバーの特権ですよね。



心臓に悪いシーン集。

あーあー。
派手に飛んでますね…。

ああ、酷い…
ドライバーが無事でなによりですよ。ほんと。

こちらも危ない…
色々飛んでます。

マシンを降りて、この顔。
悔しいでしょうね。

そして今回一番の冷や汗シーン。
前からでも火が見えますね…

とりあえず、非難非難。



ここのピット作業はいつも、
ショッカー軍団に見えます。

おめでとうラルフ!
良かったですね~。
クルーもみんな笑顔!

こちらもいい顔です。
とっても嬉しそう。

見飽きてきたかもしれませんが…
こちらもいい笑顔なので。




今回も、美女
う~ん、金髪もいいですねぇ

こちら、セクシーすぎません?
いやはや…

スポンサーサイト

【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。
当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hoehoe.blog5.fc2.com/tb.php/342-c55603ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。