風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
最近知ったので、ちょっとネタが古いんですけど…

30年ぶり復活!市川監督&石坂金田一「犬神家の一族」


ひゃっほうひゃっほうヽ(*´▽`*)ノ
もんのすごい嬉しいわ~♪来年の公開か~けっこう先だな~




日本のミステリーで一番好きな横溝正史、その映像化の中で一番好きな市川×石坂金田一シリーズが復活するなんて!
このコンビで一番好きなのは「獄門島」なんですけど、犬神家も大好きです。
この2作は名作ですね。
(いやまぁ、獄門島と病院坂は原作と違う部分がアレなのはわかってるんですがそれでも面白いです)

30年前に公開された「犬神家の一族」は、配収15億6000万円を記録。当時の平均客単価852円を現在の同1300円に換算すれば、約24億円に匹敵する。映画製作を決め、テレビでの大量宣伝や文庫とのタイアップなどを考案した角川春樹氏は、すでに角川書店と決別。今回は“角川書店による角川映画”としてリメークされる。

黒井和男・角川映画社長(67)は「まず市川さんで映画を撮りたかった。その中で横溝作品がいいと思い、もう一ぺん犬神家を、となった」と説明。市川監督から「石坂ちゃんは絶対外せない」と指名があり、市川監督+石坂金田一の名コンビが完全復活した。

市川監督は「前の作品をビデオで見たら、これが実に良くできていて(笑)、挑戦しようという気になった」と意気軒高。会見には90歳の老体を杖で支えて現れたが、「30年前とは違い、CGや技術的にも面白いことがいっぱいできると思うし、若返って、今の時代に携わりたい」と、映画への思いを熱く語り、周囲を圧倒した。

一方、64歳と若い?石坂は「お話を頂いた後、風呂に入って鏡を見て、『ダメだ』と思った」と弱音。「金田一は走るシーンばかりなので、座ったままで解決できるようにお願いします」と泣きを入れるなど、早くも市川監督と絶妙の掛け合いを見せていた。

製作状況は現在、市川監督が「前回より20分縮めて2時間にする」ため脚本を手直ししており、撮影は4月上旬から開始。石坂以外のキャストは調整中で、4月以降に発表していく。

黒井社長によると、前回の製作費は2億500万円。今回は「市川さんに無理はさせられないので、(通常)2カ月で済む撮影期間が今回は倍になる。6、7億円はいくのではないか」。

公開は来年上半期に東宝系で。超ベテランコンビによる製作風景が、今後大きな関心を集めそうだ。

へーちゃん…「ダメだと思った」って…(笑)。
それにしても、2時間だとキツキツですね。どんな脚本に直されてくるのか楽しみです。

★パン粉は必需品
何度も映像化されている金田一耕助の“ボサボサの長髪に大量のフケ”というトレードマークを創造したのが、前回の「犬神家-」での石坂。「資生堂に相談したら『ウチは綺麗にする会社です』と断られ、自分でパン粉をこねて、頭にすり込んでフケにしたんです。洗うとパン粉が膨れるんで、撮影の後半は髪を洗いませんでした」と秘話を明かした。「今回もフケは外せないのでパン粉を準備しています」とすでに役作りに入っているという。

★今まで5作
昭和51年の「犬神家の一族」以降、市川・石坂コンビによる横溝作品の映画化は「悪魔の手毬唄」(52年4月)、「獄門島」(同年8月)、「女王蜂」(53年)と続き、「病院坂の首縊りの家」(54年)まで5作が作られた。今回は27年ぶりのコンビ復活となる。

あれパン粉だったの!?
資生堂に断られたって、そりゃ断られますがな(笑)


こんなのが出てるらしいので公開までに予習しようかと思ったんですが、犬神家収録されていないんですねorz
角川だからか…別口でアスミックのを買えってことか…
金田一耕助の事件匣 DVD-BOX
特典ディスクがかなり貴重で面白そう。
でもこの匣、在庫もうないから高価な中古しか…orz
映画に合わせて再版してくれないかな…需要はかなり多いはずなんだけど。
ホームズのBOXも早めに入手しておかないと値上がりしてやばいかもなぁ。

このシリーズ見ると、最近はこんないい演技できる俳優さんが少なくなったよなぁって思ってしまうんですよね。この頃は日本映画もスポンサーに媚びたり流行に乗ったりせず、骨のある作品が多かったと思います。


それにしても市川監督、90歳にして現役とは素晴らしいですよねー。
写真で拝見しても、お元気そう。
長生きしてもっと映画を撮って欲しいです。
スポンサーサイト

こんにちワン。(▽・w・▽)

TRTのリンクを辿ってやってきました。
こちらには初登場だとおもいます。

犬神家の再映画化楽しみですよねぇ~♪
監督自身も「演出の70%はキャスティング」と言われているように他の
キャストがどうなるのかと、高齢の監督の健康状態が気になりますが…。

きっと黄金コンビの復活ですから面白い映画になることでしょうね。

コレを期に今後とも宜しくお願い致します。
また遊びにきますねぇ~!〇(≧∇≦)〇

2006.03.23 18:42 URL | せなっち♪ #x/l64tjE [ 編集 ]

こんばんは~、レスが遅れてすみませぬ。
以前にTB等させていただいたことはあったと思いますが、こちらでははじめましてですね~。よろしくお願いします♪

映画楽しみですね!
市川監督も年齢的に撮れる作品は残り少ないでしょうから、この時期に横溝作品をまた選んで下さったのも嬉しいです。
珠世役には松嶋奈々子さんを使うらしいですね。
松嶋さんは時代劇とかお着物系が似合うと思うので、けっこう期待してます。
他のキャスティングも気になりますねー。

気まぐれな更新頻度ですが、是非また来てやってください!
F1の記事も、レースごとにはなんとか書いていこうと思っておりますので(苦笑

2006.03.28 23:12 URL | 紗月 #0/qNCrLo [ 編集 ]

【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。
当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hoehoe.blog5.fc2.com/tb.php/338-cd83233f

横溝正史「犬神家の一族」が30年ぶり再映画化!〇(≧∇≦)〇
ちょっと古い話題で恐縮なのですが、ビックリしたニュースだったので改めてエントリっす。 情報源はTRTメンバの紗月さんのブログ「風の坂道」から!! なんの話かと言いますと、すでにタイトルにも書いてるけど。 横溝正史・原作「犬神家の一族」が30年ぶりにリメイク...

2006.03.23 18:36 | 『好きこそ物の上手なれ…。』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。