風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
少し休んでいたのでネタがたまっております
今日もF1に関する気になるニュースを拾い集め。
たまっているので少しだけ古い情報も。




2007年から日本GPは富士スピードウェイで開催?

鈴鹿がなくなったら寂しすぎますね。モータースポーツの聖地というイメージがいまだにありますし、存続してほしいなぁ…。
富士は、賛否両論ありますが、私にとってはある意味地元なので大歓迎だったりします。
富士だったら…行ける…!(笑


「BMWザウバーF1」に正式決定
2007年には名称変更するのでしょうか。
名称はスポンサーやファンとの兼ね合いもあって難しい問題でしょうね。
それにしても、これを聞くとHondaも「B.A.Rスタッフはそのまま残るので来期も”B.A.R Honda”で」なんて言い出すのではないかと心配になってしまいます(笑


さて、最近話題の、ニューエイ氏関連。

レッドブル、ニューエイの加入を発表
ニューエイ氏は「空力の奇才」と言われ、8年間マクラーレンに在籍した人物とのことです。

「私たちにとっては素晴らしい戦力補強だ」とホーナー。「エイドリアン・ニューエイとミハエル・シューマッハーのどちらかを選べと言われたら、私は何度チャンスがあってもそのたびにエイドリアンを取るよ。それほど重要な契約なんだ。これは私たちがどれほど真剣で、何を達成したいと望んでいるかについて、世界に適切なメッセージを発信することにもなると思う」

マシンを作る事の重要性が伺える発言ですね。

ニューイ、レッドブルへの移籍を語る
マクラーレンとの関係は至って良好で、チームとの問題での移籍ではないことを強調していますね。
若いチームで新しい挑戦をしたい、といったところでしょうか。

マクラーレン、ニューイ離脱に向けて準備
マクラーレンとしても想定内とのこと。
自身の離脱に備えての仕事はきっちりやっている、これが友好的離脱に繋がったのでしょう。どんな仕事でも、辞める時に後のことを考えて流れを作って行ってくれる人は非常に好印象です。

ニューイ氏、「移籍はお金のためじゃない」
確かに、一生遊んで暮らせるだけのお金はあるでしょうね…。
こんなニュースもあがるくらいですから。
やはりデザイナーの価値は高いということです。
マシンとドライバー、両方揃わなければ勝利は得られないでしょうからね。
クルサードとも相性の良いニューエイ氏を獲得し、レッドブルは2008年には優勝を目指すと意気揚々の様子です。



スーパーアグリ、リクルート活動開始

すでに有名な話ですが、SAF1で大規模な求人を行っています。
仮設している公式サイトでは、清掃員までも募集している様子。
こうして大々的な求人が行われることは珍しいと思いますが、F1の仕事にも色々なポジションがあることが良くわかる求人内容ですね。
求人内容の和訳がこちらにあります。


ニコ・ロズベルグ、インタビュー

謙虚というか、実力や名声の上に胡坐をかかない人ですね。
期待されている事をプレッシャーに感じるどころか、活力としているような雰囲気さえ感じます。
あと、やっぱりパパ大好きなんですね(笑

「父は時々ちょっと悲観的になる傾向があるけど、僕をすごく助けてくれる。ロンドンのインペリアル・カレッジでエアロダイナミック・エンジニアリングの学位をとるために勉強するチャンスを見送るという決定をしたときも介入しなかった。きっと父は僕がレーシングのキャリアを追及する決心をするだろうってわかっていたんだろうね。僕自身、大学に行けば勢いがなくなって、勉強とレースの両方はできないことがわかった。だから父は黙って座って、僕が自分で決めるのを待っていたんだと思う。そしてやっと僕が結論を出すと喜んでくれたよ」

「父は時々ちょっと悲観的になる傾向があるけど」っていうのが面白い。
親の短所を理解しながらも尊敬できるって素晴らしいことです。
いわゆる「二世」としては、きわめて良好な親子関係なのでしょうね。


キミ・ライコネン、ファンの質問に答える

F1ドライバーの日常が伺えます。
スポーツ選手ならみんなそうですが、もうF1は生活の一部なのでしょうね。
最後の質問が、面白いです。サーキットに標識か…(笑


トゥルーリ、トークショーでファンを沸かす

富士スピードウェイでのTOYOTAイベントです。

そのトゥルーリはスペシャル走行でスピンを喫し、トークショーではスピンの原因をたずねられた。すると、「トラクション・コントロールをテストしてみたんだ」と照れくさそうに冗談を飛ばし、ファンを沸かせる一幕もあった。

まぁ、初走行のコースですしね(笑
こういったイベントは色々なマシンを見る機会になって楽しそう。
富士は実家から近いので、いずれ行ってみたいなぁ。

トヨタF1、ブリヂストンタイヤで初走行
このイベントはTOYOTA+ブリヂストンの初披露の場ともなったようです。
タイヤが変わればマシンも変わるはず。
来期のTOYOTAマシンはどんなマシンになるのでしょう。



おまけ:

まだ何もないニコ君公式サイト


スポンサーサイト

【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。
当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hoehoe.blog5.fc2.com/tb.php/297-300e71b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。