風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
B.A.R代表、「新チーム誕生確率は65%」

これが正しければ琢磨のシート確保の可能性も、65%とみて間違いないでしょうね。
もちろん新チームが間に合わなかった場合も考え、マネージャーは他チームとの交渉もしているでしょうし、まだまだ今の段階ではわからないといったところでしょうか。
しかし、65%という半端な数値をあげての発言は、よほど根拠があるか個人的な推測かのどちらかのような…(笑


SKY PerfecTV! 佐藤琢磨インタビュー

本人もインタビューに飽きてきそうなくらい、どこのサイトでも同じ内容のコメントを見かけますが、このインタビューはちょっと面白かったので。

確かに結果だけを見れば'火'もまだ点いていないぐらい完全な不完全燃焼です。でも自分の中では、だからこそ次に繋げるために何とかしてやろうという気持ちだけはメラメラと燃えています。


逆境に強いタイプですよねぇ。
こういう姿勢を見ていると励みになります。

-----昨年の鈴鹿はコンストラクターズ2位狙いということで、ソリッド(堅実)なレースをしなければならなかったということがありました。作戦の違いこそありましたが、 スタート直後、ジェンソンに1コーナーで前に出られてしまいました。あれはジェンソンに譲らなくても良かったのではないかと思いましたが、今年、もしあの状況となったら、どうしますか?

 もちろん、譲らないですよ。


-----昨年は譲りましたよね?

 譲りました。それはやはりどこに優先順位を置くか、もちろんレーシングドライバーとしては思い切って行きたいですが、でもあまりにもリスクを伴う状態で、それをやるには位置的にも厳し過ぎたので、僕はあの状況では当然譲りましたけど、今年同じような状況になったら譲る意味など何もない訳ですし、僕は思いっきり自分のレースをするだけです。


よく言った!
チームとしてのポイントを考えれば、チームメイトとは状況によりけり譲り合う必要があるのは当たり前なわけだけど、私の見ている限りでは琢磨はいつも譲るほう。
バトンに譲ってもらうシーンは見たことないと思う。
B.A.R Honda離脱が決まって、残り2戦はむしろ心置きなく自分のレースができるのかもしれませんね。
あとは不運なマシントラブルが起こらないことを祈るばかりです。

おまけですが

趣味:サイクリング、食べること


いいね、楽しく食べるのってとっても大事なことだよ!(笑
F1ドライバーは世界中いろんなところへ行くから、食の楽しみはあるだろうなぁ~。
スポンサーサイト

【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。
当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hoehoe.blog5.fc2.com/tb.php/275-f64e5bd6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。