風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
ヒトラー ~最期の12日間~

原題:DER UNTERGANG
英題:THE DOWNFALL

没落、破滅という意味だそうです。
この映画の唯一の失敗は、邦題だと思いました。

この映画はヒトラーという人物を描いた映画ではない。
ナチスの没落と、その渦中にいた人々の物語だ。
ヒトラーが死んでから30分も映画は続くのだから。

驕れる者も久しからず。
写実的で、再現ドラマ的な内容です。
ご存知のとおり、ヒトラーの個人秘書トラウドゥル・ユンゲが見たナチスの最期を描いた作品であり、まさに事実を描いたストーリーということになります。

この映画は歴史の記録であり、エンターテイメントではないです。テーマとか観ている人への訴えといったメッセージ性も、あまり無いように思います。ただ淡々と戦争の真実を映し、そこから汲み取るものは全て観ている人に任せているのではないでしょうか。
メッセージがあるとすれば、ユンゲ自身の最後の言葉でしょう。



人間は、弱い。
ヒトラーも一人の人間です。
犬を愛し、家族や秘書達を思いやります。
けれど人は、狂気に走り、狂気を妄信し、ある者は降伏を、ある者は死をもって過酷な現実から逃げるのです。

ソ連軍がベルリンに迫る中、大勢の部下が避難していきますが、ヒトラー自身は側近や家族をつれて首相官邸の地下壕へと篭ります。
意外にも、ヒトラー自身この戦争は負け戦だとわかっており、周囲に避難を促したり死後のことを頼んだり、しまいには自殺の方法も考え、最期までついていくという部下には服毒自殺用の毒薬まで分け与えます。毒薬を渡しながら彼は、「こんなものしかあげられないが…」とまで言うのです。
狂気の独裁者とは違う、亡国の指導者という一面ですね。
しかしその一方で彼は、頑固なまでに理想への道を貫き、自身の理想達成のためにベルリンをあけることはしないと言い切り避難を拒絶します。無茶苦茶な軍事作戦を考え、市民に犠牲が出ても「彼らが自分で選んだ、自業自得だ」と言い、不条理で突飛な人事をします。

人間は、自分の過ちを認めることができないときがあります。
自らの過ちを受け止められず、過ちであると知っていながらもその道へ進むことしかできない。
そして最期には、死という逃げ道を選ぶしかなくなるのです。

狂気というのは、過ちから目を背け続けた先にある破綻ではないかと思います。
ヒトラーは狂っていたのではなく、「自分は間違っている」「自分は負ける」ということから目を逸らすために狂うしかなかったのではないでしょうか。そしてファシズムとは、そんな彼を妄信し、彼の示す道しか見ようとしなかった人々が作り上げてしまったものなのではないでしょうか。


「目を見開いていれば見えた」

この映画を見て我々が考えるべきことは、その一言の中にあると思います。
過ちから目を逸らさず、自分の目でよく見て、自分の心でよく考えることです。

このメッセージを伝えるためにありのままを映像化したこの映画が、ドイツ人の手によって作られ、ドイツ人の役者で再現されたことは非常に大きな意味を持っているのではないでしょうか。
60年目にして、彼らもまた事実と向き合い、「目を見開いて見る」ことをしたのではないかと思いました。
ドイツは確実に成長している。
立派な映画です。

(そこで、戦後60年目にして日本は多少なりとも目を見開くことができたか…?と比較してしまうと…)



余談その1:
ユダヤ人虐殺に関する描写があまりにも少ない点について。
ユンゲ自身の言っているとおり、ホロコーストについて当時ほとんどのドイツ人は知らなかったと思われます。今回は「ユンゲの目から見たナチスの最期」がストーリーの軸ですから、ホロコースト関連の話が出てこないのは当然といえます。
むしろ、ユンゲ自身がそれらから無意識に目を逸らしていたということが、テーマを支える要素のひとつではないでしょうか。

余談その2:
「シンドラーのリスト」との比較ですが、同時期に観ておけば更に理解が深まるとは思います。しかし、中身は全く正反対のテーマの映画ではないでしょうか。
「ヒトラー」は狂気や妄信に落ちいってしまう人間の危険性を前面に出していますが、「シンドラー」は独裁やファシズムが当然になっている狂気の世界にあっても思いやりを取り戻せる(もしくは目覚めることのできる)人間の可能性を示していると思います。
私はこの2作において、どちらが上とか、そういう比較は無意味だと思っています。


また、上記2つの余談については「ホロコースト」の真実がいまだ解明されていない点も知った上で語られてほしいなぁと思います。
私も今回調べるまで、このような曖昧な状態だとは知りませんでした。
こちらのサイト様が非常に興味深いです。
ホロコースト神話 掲載記事の一覧
(「木村愛二の「憎まれ愚痴」国際電網情報基地」様のサイト内コンテンツとなります)

<10/2追記>
私は、「無知は言い訳にならない」とユンゲが言ったとおり、「ユダヤ人虐殺が本当にあった」という事実が立証されていないことを知らずにナチスを「600万人のユダヤ人を殺した非人道的組織」などと語るのは、無知を露呈しているだけだと思うのです。
毒ガスが死因の死体はひとつも発見されていない、たくさんの航空写真に死体焼却炉からの煙は一度も写っていない、予算も計画書も命令書も見つかっていない、収容所でのユダヤ人虐待は犯罪であり、収容されたユダヤ人は出産を許可されていた…。
虐殺は真実だと、断言できる要素はどこにもないのです。

他にも、興味深いサイトへのリンクを記します。
手っ取り早く、Wiki
ホロコースト - Wikipedia
会話形式で非常にわかりやすく面白いです。
いかにホロコースト問題が不透明であるか、目を通すだけでもわかると思います。
ソフィア先生の逆転裁判

※私がここで言いたいのは「ホロコーストに対する様々な意見、事実を知って欲しい」ということであり、ホロコーストの真実について論議する気はありません。
あったともなかったとも、断言できないというのが今の私の判断です。
<追記ここまで>



今回も最後に、目に留まったBlogを勝手にご紹介。


ShinBLOG: ヒトラー~最期の12日間~

あまりにも内側から描かれると親近感を持ちそうになるのが恐ろしい。この秘書のように若くて何も知らなかったら、自分は信念を貫けたか。「知ること」と「考え抜くこと」の重要性を考えさせれました。


私も全く同じように感じました。
彼らの姿に思わず感動すら覚えるシーンもあります。
しかし、惑わされず目を見開いていなければいけないのですよね。


ヒトラー~最期の12日間~|ダメ男なディレクターの妄想日記

戦争で被害を受けた人、痛みを負った人たちは、ヒトラーの愚行を観てどんな気持ちになったでしょうか。もしかしたら、さらなるダメージを心身に受けてしまうのかもしれません。製作者たちは苦悩しただろうと思います。
しかし、ナチスの過ちを一人の狂人の仕業と間違わないためには、ヒトラーの人間性についても十分に検証されなければならないと思います。その意味でも、やはり優れた映画だと僕は思います。


あえて真実の姿に挑まなければいけなかったのでしょうね。
最も重要な点であり、それだけに製作者側の痛みも大きかっただろうと思います。

どうすれば、このような戦争の愚かさを繰り返さないことができるのか‥考えさせられました。そして、為政者をしっかりと監視する‘市民’の眼が必要だろうと思いました。


そのとおりですね。
ユンゲが伝えたかったのは、まさにそこではないかと思っています。
スポンサーサイト

ブログを紹介していただき、ありがとうございました。日本がドイツに学ばなければならない点がたくさんありますね。日本は「加害」についての洞察がとても弱いですよね。今後が問われますね。

2005.08.27 13:29 URL | bumeko #tz9wT9DY [ 編集 ]

>bumeko様
レスが遅くなってごめんなさい。
ご来訪とコメント、ありがとうございます。

確かに、被害者としての視点からみた映画や本などはたくさん出ていますが、加害者側として製作されている映画は見かけませんよね。
日本に限らず、加害者として描くことはむずかしいですし、今回の「ヒトラー」はその意味ではとても素晴らしかったと思います。
日本も、今後の姿勢を問われると思いますし、私たち一人一人もしっかりそれを見つめ、受け止めていかなければなりませんね。

2005.08.29 17:10 URL | 紗月 #- [ 編集 ]

コメント&トラックバックありがとうございました。
少し気になったので一言だけ。
虐殺にしても災害にしても人の死は「数」ではないことをマイブログでは語り続けております。ただ一方で流布という悪意が存在するのも事実。人間が人間であり続けることの「真意」に悩み続ける毎日です。

2005.10.05 08:00 URL | まつさん #- [ 編集 ]

>まつさん様
コメントありがとうございます。
私も人の「死」の重みを「数」で計るのは違っていると思います。もし「数」の話をしているように読めたのでしたら、私の書き方が悪かったのだと思います。

ただ、戦争を直接知らない世代にとって「なぜ死が起こったのか」をよく考えずに決め付けることは危険なことだと思っています。
それは戦争だけでなく、テロや殺人、災害、病気、事故…どのケースにおいても言えることだと思います。

人間であり続けることの真意ですか…意味の深いお言葉ですね。
私もまた、いただいたお言葉について考えさせていただきます。
ありがとうございます。

2005.10.05 09:22 URL | 紗月 #- [ 編集 ]

コメントの返答の返答になってしまいますが、紗月さんの文面を読んで「数」だと思う人も出てくるかもしれないのが嫌だな、という意味でコメントしたので、こちらこそ言葉足らずですみません。ついついたとえ話ばかりしてしまうので(^^;ご丁寧な返答ありがとうございました。

2005.10.06 00:48 URL | まつさん #- [ 編集 ]

>まつさん様
あ、そうだったのですね(^^
記事内容の補足的なやり取りになってしまいますが、記事をもとにこうしてコメント欄で話を膨らませるのは楽しいです。
返答の返答もむしろ歓迎ですよー
こちらこそ、いつもきちんと読んでいただいた上で丁寧なコメントを下さって、ありがとうございます。

2005.10.06 09:28 URL | 紗月 #- [ 編集 ]

【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。
当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hoehoe.blog5.fc2.com/tb.php/263-186d570e

ヒトラー・最期の12日間 評価額・1800円
●ヒトラー最期の12日間を渋谷シネマライズにて鑑賞。 1942年、トラウドゥル・

2005.08.24 20:00 | Blog・キネマ文化論

殺人鬼ヒトラーの内面を描く◆『ヒトラー ~最期の12日間~』
8月11日(木)名演小劇場にて 2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画家を目指すのだが、次第に政治運動に傾倒して行った…というストーリーで...

2005.08.30 00:55 | 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」

ヒトラー~最期の12日間~
第226回★★★★(劇場)(政治的発言含まれますので、ご注意あそばせ) 戦後60年を迎えた日本。 原爆の爆心地である二つの都市の名前を言える人は年々減ってきているそうだ。さらに投下された日を言える人は、その広島・長崎に在住の者おいても減少....

2005.10.05 07:54 | まつさんの映画伝道師

ヒトラー~最後の12日間~
『ヒトラー~最後の12日間~』を観てきました。この作品を映画として評価することは、ぺぺにはできないし、すべきでないと思います。誉めちぎってしまうほど無責任にはなれないし、かと言って、けなす勇気もない。・・・・そこをあえて評価を下すとするならば、この物語が

2005.10.27 07:30 | ぺぺ日記・おもに映画日記

Downfall (2005)
【邦題】ヒトラー最期の12日間【Cast】Bruno Ganz, Alexandra Maria Lara, Corinna Harfouch, Ulrich Matthes, Juliane Koehler 【Director】Oliver Hirschbiegel 【Length】2 hrs. 28 min.【Genres】Art/Foreign, Drama, Adaptation and Biopic【Story】1942年、トラウドゥ

2006.01.06 08:17 | azcar

ヒトラー 最期の12日間
2004年 ドイツ 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 原題:DER UNTE

2006.02.05 22:01 | 銀の森のゴブリン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。