風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
B・A・R Honda側の見解

…なんだかなー。
一度は「B.A.Rに乗ってたんじゃ勝てない」とまで言った人に、
ここまで好意的なコメントしなくてもーって気はする。

他の方のBLOGでコメントしたことだが、
バトンはビジネス(仕事)としてレーサーをやってるんだなと思う。
もちろんスポーツや芸術、音楽にも仕事という面はあるが、
ファンはそれ以前に、
芸術家なら芸術家として、
音楽家なら音楽家として、
レーサーならレーサーとしての心意気を求めるものだ。

琢磨にはファンを喜ばせる、心意気があると思う。
逆にバトンはビジネスマン色が強い。
仕事人なのは間違いではないと思う。
ただ琢磨ファンとしては同じタイプの人と組んで欲しいし、
結果としての勝敗よりも、経過のアツイレースを見たい。


別に琢磨が日本人だからというわけではない。

10歳ではじめて見たレースにあこがれ、
寄り道しながらも夢を達成し、
本気の勝負をするその姿勢が好きだから応援している。

だって、やっぱさ。
計算しつくしたレースで結果を残す人よりは、
琢磨みたいにひたむきな人のほうが、
見てて元気でるじゃない。
自分もがんばろうって思うじゃないね。
スポンサーサイト

TBありがとうございます。まぁ好意があるかどうかは別としてコンストラクターズ2位獲得に関してバトンがやってきたことは間違いではないわけですからその点に関しては謝意をだしても良いと思いますよ。

2004.10.23 00:16 URL | asaka_nagamori #79D/WHSg [ 編集 ]

ご訪問ありがとうございますー。
んー、コンストラクターズ2位に貢献したことは
もちろん感謝することだと思います。
バトンのような姿勢も間違ってないと思ってますし。
(というか、それが言いたかったです)
ただ、今回の騒動に対して、「嬉しく思う」という
一言のみなのがどうなんだろうなぁと。
Hondaじゃ勝てんと言われたことに対する、
Hondaなりのプライドが見えるコメントが欲しかったなぁ、と。
バトンがどうというより、Honda的にどうなのかよくわからないんですよねー。

2004.10.25 11:19 URL | 紗月 #79D/WHSg [ 編集 ]

“他の方”こと Shin です(^^)
コメントありがとうございました。あれを拝見して思うところがあったのですが、こちらにより深く書かれていましたので、ここに書き込ませていただきます。
プロ野球中継なんかでよくあるんですが、たとえばバントできっちり走者を送ったりした人に対して「いい仕事をした」と論評することがあるでしょう。
以前、ある評論家が(どういう類の人かすっかり忘れましたが)「あれを最初に言い出したある新聞の記者が、日本のスポーツをおかしくした」と書いているのを見たことがあるんです。
そのことを僕のところのコメントを見て思い出したんですが、スポーツというのはある種“魂の発露”みたいなところがあるわけで、そこに言いようのない感動を覚えたりするわけですよね。
なにかそれを“いい仕事”みたいな表現でくくってしまうことに僕も反発を感じるわけです。仕事と言ってしまうとそこにはどうしても“仕方なく生きるためにやる”みたいな感覚がつきまといかねないわけで。
正直に言うとバトンが「仕事としてレーサーをやっている」という感じはそれほどは受けないのです。あくまでも自分の求めるものを得る方法において間違ったのではないかと思うわけで。そういう意味で確かに“仕事人”的な感覚なのかもしれませんね。
一方琢磨には、まさに紗月さんがおっしゃるように「レーサーとしての心意気」というのを強烈に感じるんですよね。
まさに、そこにいま、日本だけでなく海外のファンからも評価が高まっているところなんだろう、と感じました。
違うエントリで、今回の騒動は日本人ならではの(浪花節的な)感情から来るものも多分にあるかも、などと書いたのですが、琢磨のようなレーサーが受け入れられつつある現状は、スゴイものに単純に感動するのはどこの国の人でも一緒なんだ、とうれしくも感じました。
長くてすみません。

2004.10.26 17:10 URL | Shin #79D/WHSg [ 編集 ]

Shinさん、ご来訪&コメントありがとうございます。
あのようなコメントからいろいろ考えていただけて、光栄です。
スポーツはエンターテイメントである、という見方もありますよね。
ファンを喜ばせるスポーツマンとして、全力で心意気を見せる人もいますし、仕事人として勝負に勝つことのみを考える人もいると思います。
バトンは後者ですよね、きっと。
観客を楽しませる手段として、勝つことのみを追求してるのかもしれません。
(私も、「生きるため・食べるため」の仕事人という意味ではバトンは違うかなと思います)
バトンもある意味不運というか、かわいそうな所はあると思っています。
Hondaという日本の企業で、日本人の琢磨がパートナー。
さらに琢磨は伸び時となると、いくらバトンが1stドライバーであっても、Hondaも人気にあやかって琢磨を推したがることも出てくるでしょうし。
だから早く自分の実力を引き出してくれるチームにうつりたい、その気持ちはわからなくもないです。
確かに日本人は人情第一みたいなところがありますし、今騒いでいる日本のF1ファンもそういうところはあると感じます。
私もそういう心情はありますしね(苦笑
それが正しいとは断言し難いと思いますが、琢磨のような人のほうが熱狂的人気を集めるというのは私も嬉しく思います。
どのスポーツでもそういう選手がいるほうが盛り上がりますし、心意気という感覚的なもので万国共通の共感を得られるのは、非常に嬉しいことですね。
個人的な心情としては、Hondaというチーム自体にも「仕事人としてのレース」より「心意気」を大事にして欲しいなと思います。
(Hondaファンにこういう考えが多いのも、バトンのようなレーサーには合わないのかもしれませんね。チームやファンとの相性もあるのかも)
…考えてみれば確かに、野球選手には「仕事人」的選手が多いですね。
「いい仕事」という言葉がよく使われるスポーツだけのことはあるなぁと思いました。

2004.10.26 23:41 URL | 紗月 #79D/WHSg [ 編集 ]

どんな人でも霞を食って生きていくわけにはいかないですから、自分の生活を考えながら仕事をしていると思うんですよ。っていうかそれが「仕事」の第一義なわけで。
でも、本当に好きなことを仕事にしている人って、滲み出る喜びというのが感じられますよね。
オレは仕方なくこの仕事をしている、というのとそういうひととは大きく違うし、琢磨の走りや言動からはそういうのが強く感じられるように思います。
最近の陸上競技なんか結構ビジネスライクなわけですが、それでもアテネでの野口みずきの快走なんかを見ていて、言いようのない感動を覚えました。
無心になにかに取り組んでいる人のすごさというのかな。
いつもマラソンを見ていて思うんですよね、“たかが”人が走っているのを見ていて、なんでこんなに飽きないんだそうって。
昔のセナの走りはまさにそれに通じる“すごみ”があったように思いますが、セナを見てF1ドライバーを目指した琢磨には、少しそれに近い印象を受けるきょうこの頃です。
ちょっとほめすぎかな(^^;;

2004.10.30 15:59 URL | Shin #79D/WHSg [ 編集 ]

本当にその仕事が好きでやっている人を見ると励まされますよね。
スポーツに限ったことではないと思います。
スポーツ選手の場合は、観戦しながらその人を応援することができるので、勝利する姿を見る感動はひとしおではないかと思います。
マラソンもそういった意味で、長い時間走るという戦いをしている姿は訴えかけてくるものを感じますよね。
琢磨はまだまだ若い印象も受けますが、気迫も感じますし、応援のしがいがある人物ですよねー。
だから応援してしまいますし、同じ感覚で応援している方々とこうして話し合えるのはとても楽しいです。
日本人だから贔屓目もあるし、期待も大きいですけど、誉めすぎでもいいんですよっ!(笑

2004.10.31 12:12 URL | 紗月 #79D/WHSg [ 編集 ]

そうですね~、ほめまくりましょう(笑)
ところで、Enjoy Honda MOTEGI というイベントで「佐藤琢磨プレミアムサイン会」というのに当選し、本人に会ってきました!
いや、しかしあんなに緊張するとは思わなかったなぁ。
足が震えているのが自分でもよくわかるんですよ。
見た感じはテレビで受ける印象と同じで、さわやかな優男、っていう感じで、どうしてあんなアグレッシブな走りができるんだろう、と思うほど。
でも、ああいうのをオーラというのかな? すごい人に会っちゃった、という感激がひしひしとしています。
ますます応援しなくちゃ!という気になりました(笑)

2004.11.02 03:20 URL | Shin #79D/WHSg [ 編集 ]

サイン会ですか!うわ~羨ましいですー
リアルな琢磨もやっぱりさわやかなんですね♪
テレビで見てても、普段はよく笑っていて優男な雰囲気なのに、ヘルメットから覗く目は闘志に満ちているようで、ギャップに驚かされます。
ファンに会いたくて、レース前に時間を取って突発でファンの集いに顔を出したりするそうですから、気さくな人柄なんでしょうねー。
ほんの少しの時間でも、「すごい人」に会うと刺激されますよね。
これからも応援して行きましょう♪

2004.11.02 10:11 URL | 紗月 #79D/WHSg [ 編集 ]

あ、Shinさんのサイトが見られなくなってる…
(ノД`)゜・。

2004.11.03 02:04 URL | 紗月 #79D/WHSg [ 編集 ]

いま実はサーバー移転作業中なんですが、まだだめでしょうか?
見ることができてる人もいらっしゃるんですが。
#実は、自分でもうまく見られなかったりして^^;;
何度か時間をおいておためしください。

2004.11.04 13:08 URL | Shin #79D/WHSg [ 編集 ]

見られましたー♪
移転中だったのですね~。お疲れ様です。
にしても、、
素晴らしい生写真にめろめろです(*ノノ)きゃー
のちほどゆっくりお伺いしますね~

2004.11.04 14:50 URL | 紗月 #79D/WHSg [ 編集 ]

【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。
当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hoehoe.blog5.fc2.com/tb.php/131-670dc694

バトン移籍問題解決へ?
CRBが裁定 J.バトンは2005年B・A・R Hondaに残留へ(ISM)BMWウィリアムズ「バトンはウィリアムズをドライブしない」(ISM)J.バトン「当然、僕はこの裁定にがっかりしている」(ISM)CRBが裁定を下して事態収拾に向かっているのに、「2006年からウィリアムズ入り」とか「失

2004.10.23 00:19 | あさか野通信

バトンにCRBの裁定下る
■2005年もBAR残留契約承認委員会、バトンのBAR残留を裁定CRB、バトン移籍を認めず来季のウィリアムズ移籍は実現せずBAR、CRBの判断に満足・・・・・_l ̄l○・・・・・ア・・・アンデビ・・・・・。BAR勝ったけど、もう全然嬉しくない・・・(泣)BARじゃ勝てな

2004.10.23 00:22 | Sunny

バトン、結局 B・A・R に残留かい!!
8月5日深夜の衝撃の発表(このエントリ参照)以来、F1ファンをやきもきさせてきたジェンソン・バトンのウイリアムズ移籍問題でしたが契約承認委員会(CRB)は、ジェンソン・バトンの来季契約に関する話し合いを先週の土曜日に行ない、昨日の午後にその決定を下した。CR

2004.10.26 16:54 | Sky's The Limit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。