風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
たいへん個人的な書き留めなので、普段の内容を求めて来た方ごめんなさい。
書いておくことで前へ進みたいだけなんです。

スポンサーサイト
中国GPでのウィリアムズ、佐藤琢磨、レッドブルの裏話(「F1通信」様より)

僕はBARのスタッフ数人に、なぜ佐藤は今シーズンこんなに成績が悪かったのかを聞いてみた。

共通している意見は、車が彼のスタイルに合っていない、ということだった。簡単に言うと、BAR007はとんでもなくアンダーステアなのである。

シーズンの間に、ジェンソン・バトンは、この本質的なアンダーステアリング特性に対処できるようになったが、車から最高を引き出すためにややオーバーステアに頼るドライビング・スタイルの佐藤は、なかなか対処できなかった。

ほらほら、やっぱりマシンが合わないんだよね。
もっと言って(笑

ラルフがトヨタの新しいマシンを絶賛しているのに対し、トゥルーリは不満げ。
多分Hondaでも同じことが起きているんだろうけれど、「マシンが自分に合っていない」という文句をぜんぜん言わない琢磨は偉いもんだと思う。
でも、チームのためにも自分のためにも少しは言ったほうがいいんじゃないかな?
B.A.R Hondaにいるのでは発言し難いかもしれないが、新チームで「チームと一緒に開発する」意識になってマシンの欠点についても発言し易くなればいいんだけど…と思ったり。

しかし新チームが007を使うというのが現実になったら、来年も琢磨にとっては厳しいシーズンになってしまうのでしょうか。
なんとか彼に合わせたマシンを提供してくれるチームに入って欲しいですが…。


***おまけ***
走ってるところをなかなか見られないマシンだと思うので
ケロたん、家族を乗せて3シーターマシンでラストラン
FIA 2006年グランプリカレンダーを発表
とりあえずメモしておきます。
鈴鹿10/1かよ…。

2006年FIA F1世界選手権シリーズカレンダー

開幕戦  3月12日  バーレーン
第2戦  3月19日  マレーシア
第3戦  4月2日  オーストラリア
第4戦  4月23日  サンマリノ
第5戦  5月7日  ヨーロッパ
第6戦  5月14日  スペイン
第7戦  5月28日  モナコ
第8戦  6月11日  イギリス
第9戦  6月25日  カナダ
第10戦  7月2日  アメリカ
第11戦  7月16日  フランス
第12戦  7月30日  ドイツ
第13戦  8月6日  ハンガリー
第14戦  8月27日  トルコ
第15戦  9月10日  イタリア
第16戦  9月17日  ベルギー
第17戦  10月1日  日本
第18戦  10月8日  中国
最終戦  10月22日  ブラジル*

* 契約承認が条件

おはようございます。
新チームについての発表は、まだ行われていないようですね。

FIA 革新的なリアウィングを発表
技術的なことはあまりわからないので他まかせですが、メモとして。

FIAの目的はクルマの形状をレギュレーションに導入するというもので、それによって後続のクルマはドラッグが少ない状態でさらなるダウンフォースを得ることができるようになるという。

マシン同士が接近すると、前のマシンが邪魔になって後ろのマシンはダウンフォースを失う。
私でもわかる原理です。
これを解消し、オーバーテイクバトルシーンを増やしていくには前のマシンのリアウイングをぶった切ってしまえ。
ということらしいですね。
見た目の評判はいたく悪いようですが…(苦笑
ビートニク様によれば、「それ以外の効能として、ブレーキング競争が多く見られるようになると思うので、レイトブレーキングが得意なドライバーには好評だろう。琢磨もその一人」とのことなので、これが実現して見込み通りの効果があればエキサイティングなレースが増えるかも?
どうやらこのリアウイングは2008年からの採用のようです。できれば2007年からやりたいが、各チームの協力状況次第といった感じでしょうか?

2007年からF1マシンのリア・ウィングがツインになるか!?
こちらの記事も詳しいので参考までに。
しかし、同じF1通信様の中にこのような記事もあり…。
FIA提案のリア・ウィングの弱点
ごもっとも…。


『金曜日第3カー・ルール』も残留へ
サードカーは残るようですね、良かった良かった。
確かにサードカーを作る余裕のないチームにとってはハンデになりますが、鈴鹿での左近くんのように若いドライバーがF1に乗るチャンスだと思うので個人的には存続してほしいです。

2006年、新予選方式とタイヤ交換復活へ
タイヤ交換、復活するとのこと。
うん…素人が見てもタイヤ1セットはメリットが少なすぎると思った。
今シーズンを見ていて、天候が変わりやすいサーキットではタイヤ交換できないと厳しいと感じましたしね。
予選のノックアウト方式はどうなんでしょう?
これは実際に行われてみないと、私には予測できません。複雑なルールなのであとから穴が出てくるんでは、という心配も無きにしも非ず。
でも、今年みたいな「前回の結果が今回に響く」という予選だと微妙だと思っていたので面白そうかな。だって今年のは、ぶつけられてリタイアしただけで次回の予選最下位からですよ。鈴鹿の時のトゥルーリみたいに、「琢磨にペナルティつけたって俺の予選順位がよくなるわけじゃないだろ!」ってなるのもわかりますし。毎回リセットして予選やってほしいですよね。

2007年にはタイヤも変わるようですが、これはリアウイングの変更との兼ね合いなんでしょうか。ともかく、2007年にも大きな動きがありそうなことは確かですね。

ミッドランド 佐藤 琢磨にレースシートをオファー

 「彼がサインしたいかどうかにかかっている。彼は来年、ミッドランドのドライバーになることができる。我々はブラジルにおいて彼にオファーしたが、まだ返答を待っている状態だ」

ミッドランドからはラブコールが出ているみたいですね。
リップサービスにしろ本気にしろ、いい反応であることは確か。

ウィリアムズ、N.ロズベルグ起用決定の報
20歳ですよ!
過去の実績をみても、今後の成長がかなり楽しみなドライバーですよね。たまに見るコメントも謙虚で良い子って感じだし、なによりかわいいです(こらこら
個人的には、彼がF1ドライバーとしてどんな走りを育てて行くのか興味があります。
これでウィリアムズ・ホンダ&琢磨という線は2006年において消えたわけですが、若いドライバーにどんどん乗って欲しいですね。
諸事情により、上海直後に記事書けませんでした。
F1に疲れたとかではありませんので、ご心配なく(笑

まずは、今シーズンお疲れ様でした!
Bloggerさんの中には1シーズン終えて疲れが出た方もたくさんいらっしゃるようですけど、お体はなにより大切になさってくださいね。

デ・ラ・ロサがトップに君臨、琢磨は13番手

トラブルはトゥルーリとクリエンだけかな?
トゥルーリはどうも最近調子が出ないですね。気になります。
B.A.R Hondaはマシンの様子を見ているのか、前半はペース落とし気味だったそうです。

それにしても鈴鹿の時といい、デ・ラ・ロサとゾンタはやたら速いですね。

本日のタイム一覧はこんな感じ。
フリー走行1結果 / フリー走行2結果



【コメントを下さる方へのお願い】
現在、FC2Blogで「投稿したコメントが反映されない」という障害が発生しているようです。
せっかく打っていただいたコメントが消失してしまっては申し訳ありませんので、お手数をおかけしますが、コメントを下さる場合は、「送信する」ボタンを押す前にコメントをコピーしておき、コメントが反映されていないようでしたら再度投稿を試みて下さい。

当Blogにコメントを下さることに、心から感謝致します。


一時はデビットソンと交代か?と心配された琢磨ですが、今日は上海で元気に走っているようです。まずは一安心ですね~。
そんなところで、上海前のインタビューでも。

上海の琢磨にロングラン・インタビュー
さてさて、鈴鹿が終わったところで映画に戻ります

今週は「シン・シティ」を観ました。
この映画にはいくつかの特徴があります。

・原作がアメコミであり、映像的には原作にかなり忠実
・ひとつの街で起こるいくつかの事件を、3人の男の視点から描いているオムニバス的ストーリー。
・R-15を冠するだけあって、かなり暴力的な描写が多い。
・基本的にモノクロ。
 ただし、ドレス、血、髪、唇などキーポイントとなる部分にだけ色をつける表現。

舞台は犯罪と無法の街。
街の住人はもちろん、主人公達もどこかクレイジーです。
そんな中で3人の男達はそれぞれ、愛する女のため、自分の正義に従って戦います。
その行く末を見届けるのが、観客です。

鈴鹿が終わった後、あちこちを回って様々な意見を拝読しました。
その中で気になったことがあったので少し書いてみます。
今回の鈴鹿で琢磨が起こしたアクシデントについてです。

日本GP 決勝結果

まずは皆様、お疲れ様でした!

アロンソとシューマッハのバトル、最後のライコネンの追い上げ…
色々な意味で、今年を象徴するすばらしいレースでしたね。
細かいことはまた、ニュースが出揃ってからゆっくり書きたいと思います。

琢磨がぶつけてしまったのは非常に残念だったけれど…
結果は結果、気持ちは気持ち!
失敗があっても負けるな琢磨!
nonochi様が立ち上げられた、臨時琢磨応援チームTRT

こういうのは乗っとかないと!
というわけで、私も微力ながら参加しま~す

TRTロゴ

みんな、応援がんばろー

天を味方につけたラルフがポール獲得! 琢磨は5番手

こういう時日本という国は不思議なんだけれども、天候が日本勢に味方しているとしか思えない。
たくさんの人が祈れば、天は味方してくれるということなんでしょうか…。

公式予選結果
琢磨、5番手!
明日が待ち遠しいですね。
決勝も天候が味方してくれると良いのですが…

少しでも現場の天候と雰囲気を。
鈴鹿の天気とライブカメラ

トヨタのゾンタがトップ! 2番手にはシューマッハ

琢磨13番、左近17番だそうです。
結局ライコネンはエンジンを換えたようですね。
B・A・R Hondaはウェットタイヤも試したとありますが、日曜の天気はどうなることやら。

ちなみに、本日のタイム一覧はこんな感じ。
フリー走行1結果 / フリー走行2結果

デ・ラ・ロサが驚速トップ、B・A・R Hondaも好調!

琢磨は8番、初出走の左近は20番だそうです
ライコネンがエンジントラブルで交換になりそうな雰囲気ですね。
あとはウェバーも調子が悪いようですが…
Honda勢は今のところ、マシン快調のようで一安心ですね。

鈴鹿お留守番組なのでニュースサイトが気になる…(笑

B.A.R代表、「新チーム誕生確率は65%」

これが正しければ琢磨のシート確保の可能性も、65%とみて間違いないでしょうね。
もちろん新チームが間に合わなかった場合も考え、マネージャーは他チームとの交渉もしているでしょうし、まだまだ今の段階ではわからないといったところでしょうか。
しかし、65%という半端な数値をあげての発言は、よほど根拠があるか個人的な推測かのどちらかのような…(笑


SKY PerfecTV! 佐藤琢磨インタビュー

本人もインタビューに飽きてきそうなくらい、どこのサイトでも同じ内容のコメントを見かけますが、このインタビューはちょっと面白かったので。

確かに結果だけを見れば'火'もまだ点いていないぐらい完全な不完全燃焼です。でも自分の中では、だからこそ次に繋げるために何とかしてやろうという気持ちだけはメラメラと燃えています。


逆境に強いタイプですよねぇ。
こういう姿勢を見ていると励みになります。

-----昨年の鈴鹿はコンストラクターズ2位狙いということで、ソリッド(堅実)なレースをしなければならなかったということがありました。作戦の違いこそありましたが、 スタート直後、ジェンソンに1コーナーで前に出られてしまいました。あれはジェンソンに譲らなくても良かったのではないかと思いましたが、今年、もしあの状況となったら、どうしますか?

 もちろん、譲らないですよ。


-----昨年は譲りましたよね?

 譲りました。それはやはりどこに優先順位を置くか、もちろんレーシングドライバーとしては思い切って行きたいですが、でもあまりにもリスクを伴う状態で、それをやるには位置的にも厳し過ぎたので、僕はあの状況では当然譲りましたけど、今年同じような状況になったら譲る意味など何もない訳ですし、僕は思いっきり自分のレースをするだけです。


よく言った!
チームとしてのポイントを考えれば、チームメイトとは状況によりけり譲り合う必要があるのは当たり前なわけだけど、私の見ている限りでは琢磨はいつも譲るほう。
バトンに譲ってもらうシーンは見たことないと思う。
B.A.R Honda離脱が決まって、残り2戦はむしろ心置きなく自分のレースができるのかもしれませんね。
あとは不運なマシントラブルが起こらないことを祈るばかりです。

おまけですが

趣味:サイクリング、食べること


いいね、楽しく食べるのってとっても大事なことだよ!(笑
F1ドライバーは世界中いろんなところへ行くから、食の楽しみはあるだろうなぁ~。
佐藤琢磨インタビュー「鈴鹿で今季最高の走りを見せる!」

レースについてはいつも通りマイペースな返答ですね~。
モナコの新居の話をしてますね

僕の住まいはF1コースのすぐ近くで、ハーバーの近辺です。でも、モナコは小さな国ですし、毎年F1のコースになるところですから、どこにいてもF1とは切っても切り離せない感じがします。


そんな場所に住んでいれば、現地のF1ファンから声をかけられまくりそう。
ハーバー近辺ということは、海も見えるのでしょうかね~。
シーズンオフの静かなコースの近くで暮らすのってどんな気分でしょう。
レースをイメージしながらコースを散歩したら気持ちよさそうですね。


Suzuka - (07-09/10/2005) Racing-Live.com
鈴鹿での琢磨

いい笑顔ですね、鈴鹿に来られて嬉しいって感じです。
私もH2O飲んでるぞー(笑
山本 左近 エキサイティングな週末が待ち遠しい

金曜日は山本左近ドライバーのデビューですね~
鈴鹿でデビューというのは日本のファンにとっても嬉しいニュースですね。
まずはF1の空気を楽しんで欲しいです。
彼の走りにも声援を送りましょう~
新たなトビラが開いてモチベーションも……琢磨に緊急インタビュー

BARとはできないけれど、道は閉ざされたけれど、新たなトビラがバーッと開いてモチベーションがグッと上がって、ヨシ、とこれから先にできることがイメージできただけでも大きな前進だと思います。かといって、ボクはまだまだBARの一員としてベストを尽くしたい。


琢磨、前向きですね。
鈴鹿をとっても楽しみにしているのが伝わってきます。
同時に本人もとてもつらいんだなぁというのもわかります。
鈴鹿では、琢磨に良い風が味方しますように!
今日のアクセス数がすごいことになって、驚いてます 紗月です。
アクセス数の半分はHondaの発表の件に関するTBがらみなのですが、残り半分が予想外の状況で驚きましたので、逆紹介させていただきます。

今シーズン、今まで一度も触れなかったF1についてです。


今年は大幅なレギュレーション変更もあったため、去年のフェラーリ一人勝ち状態と違い荒れ模様で、去年は目立たなかったドライバーのいろんな魅力も知ることができて面白い年だと思っています。
でも今年は、BlogにはF1のことはなんにも書いてません。
なんでかっていうと、序盤からB.A.R Hondaの雲行きが怪しかったからです。

F1エントリーを再開するにあたって、思っていることを3つ書きます。
長文かつ個人的です。
今シーズン、F1の話題を控えてきた私ですが(その理由などはまた後日)、やっとひとつすっきりする発表が来たので久しぶりに書きます。

Honda acquires B.A.R Honda F1 team

ついに、HondaがB.A.Rを買い取り、オールホンダが達成しました。
これからHonda周りの状況はますます動きが大きくなることでしょう。
ここまでに色々とありましたが、これがHondaにとって勝利への大きな一歩となりますように。

ホンダ、BARの株を100パーセント取得

新チームから「オファーは受けている」と佐藤琢磨

Hondaエンジンを搭載する新チームに琢磨加入…。
私としては、かなり面白い展開になってきました。
私が一番楽しみにしているのは、琢磨が走る姿ですし、日本のチームで走ってくれるなら最高だと思っています。
どんなチームが出来るのやら、期待と不安がありますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。