風の坂道

映画・F1・読書・ゲームその他日々の思ったことをフィーリングで書き綴っております。ほえほえうにうに。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | カテゴリー:スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | エントリーURL |
さてさて、最近のau動向です。

au design project第4弾、オーバルフォルムのWIN端末「PENCK」

かなり可愛らしいデザインですねー。
型番としては「W31H」になるようですが、
スペックから見るに中身はW22Hのリメイクのようです。
一見してわかるデメリットとしては、
・背面ディスプレイが無い
・それに伴って自分撮りができない
・オートフォーカスがない
ってところでしょうか。
これは22Hでもそうでしたし、デザイン重視なので
カメラ機能は悪くなければいい程度に抑えたのでしょう。
こんな特設サイトも作ってます。
メタルは傷がつきそうで怖いですが、キーが非常に可愛らしいです。

auは過去に有名デザイナーとのコラボレーション携帯として
INFOBAR」、「W11K」、「talby」と出してきていますね。
INFOBARやtalbyの話題性を見る限り、
やはり機能よりデザインを重視して購入するユーザーは多いようで。


他にもauでは、10代の女の子、いわゆるティーンズを狙った
Sweets」というコンセプトデザインものも出すようです。
こちらはかの有名な水森亜土さんを起用し、
日記帳機能や使いすぎ防止のために制限をつけられたり、
おまけのデコレーションシールをつけるなど
かなりターゲットを絞ってきているところが面白いですね。
亜土さんのイラストは、ここ数年ファンシー雑貨に多く登場し、
小中学生の女の子の間で人気があがっています。

ティーンズ向け携帯、10代前半女性の4割弱が「欲しい」
10代前半の女の子には外観が人気、
後半になると日記機能やハンズフリーが支持されているところが面白いです。
ちなみに、ティーンズモードというのは
これまで「ジュニアモード」として搭載していた端末もありました。
低年齢の女の子にも、これなら持たせやすい感じがしますね。


au携帯電話でゲームポータルサービス開始
「EZ Game Street!」で、よりゲームが手軽に楽しめる

「EZ Game Street!」はアプリで提供されるため、W21CA、W22Hではダウンロードしなければならない。

ってな感じで、DLしないと使えないのは難点ですが、
文字のみのメニューではどんなゲームなのかよくわからなかったわけで。
これは新しくていいですねー。
PSのメモリーカード画面みたい。
今日からサービス開始のようなので、あとで試してみます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。